ビジネスメール 30本ノック その26

  1. 改行は適宜作りましょう

なぜ改行をするのでしょうか?文庫本で考えてみましょう。余白部分のない文字だらけのページがずっと続くと目が疲れるものです。少しでも目を疲れさせない工夫としての“適宜改行”ですね。テーマごとに1行空白を入れるだけで随分に読みやすくなります。

具体例

例文

“長文でも読みやすいメールにするには一工夫が必要です。詳細な内容や込み入った事柄を伝える時、文章だけでなく、リストにしたり、表を取り入れたり、ひたすら“読むだけ”の内容ではない、文章だけになっていないかなと気を配りながら書くといいでしょう。”

 

上記例文を書きなおしてみます。

 

“長文でも読みやすいメールにするには一工夫が必要です。
詳細な内容や込み入った事柄を伝える時、文章だけは避けるべきです。

  • リストにする
  • 表を取り入れる

ひたすら“読むだけ”の内容ではないですか?
文章だけになっていないですか?
気を配りながら書くといいでしょう。”

 

見比べれば、パッと見た時の見やすさは一目瞭然です。

社内研修支援サービス

12スターズでは「社内研修支援サービス」として、ビジネスマナーの復習にお使いいただけるマニュアルを無料配布しております。
是非、御社の研修資料としてお役立てください!