ビジネスメール 30本ノック その16

16.年号の統一

  •      年    月    日

上記のように空欄があります。和暦で記入しますか?それとも西暦で記入しますか?

文中を見回す

文面の中で、日付を和暦で表記したり、西暦で表記したりの混同は避けるべきです。その【文書】内に他に日にちを書いている部分はないか探してみて、右上作成日に“平成29年8月8日”とあれば、和暦で【文書】内は統一します。“2017年8月8日”とあれば、西暦で合わせます。
ご自身がビジネス文書を作成する時を思い出してください。作成日を和暦で書いて、中身の案内日時は西暦で…とは作らないです。第13日目に「文体の統一」を取り上げました。年号の統一も読みやすさに繋がるコツです。

社内研修支援サービス

12スターズでは「社内研修支援サービス」として、ビジネスマナーの復習にお使いいただけるマニュアルを無料配布しております。
是非、御社の研修資料としてお役立てください!